ヨガマットの比較と判断基準

ヨガマットの判断基準~素材について~
手入れ方法

ヨガマットの色とお手入れ方法

2月 10, 2017

ヨガマットの色

ヨガマットでストレッチしている女性ヨガマットの判断基準として必ず必要なわけではありませんが、こだわるのであれば色にもこだわりたいところです。
ヨガマットは様々なブランドから商品がされているので、色やデザインにも多種多様なものがあります。
中には模様が入ってあったり、裏表で違う色だったり最近では男性向けに作られたデザインのものもあるようです。
最近では通販で購入できる店舗も増えておりますので、一度ご覧になってみることをお勧めします。
ただし、せっかくきれいな模様や色が入っていてもお手入れをせずにいるとすぐに汚れてしまいます。素材に合った正しい手入れを行いましょう。

ヨガマットのお手入れ方法

ヨガマットの使用後は汗や皮脂、ホコリなどで結構汚れています。そんな状態で放置しておくと劣化が早まる原因にもなり、衛生的にもよくありません。
ヨガマットは素材により手入れ方法も変わりますので、しっかりと自分の使用するヨガマットの素材を把握したうえで手入れをしましょう。

PVCやPER素材のヨガマットは基本的に水洗いができません。
洗剤も使用することで劣化を早める原因となりますので、固く絞った布で水拭きという形になります。

EVAやTPE素材のヨガマットは水に強いのでバスタブなどに洗剤を薄めた溶液を入れ、ごしごしと洗ってください。
長時間漬けておくと劣化の原因にもなりますので、漬け置くとしても短時間にしてください。
その後、しっかりと水分を取って、日陰で乾かしましょう。

天然ゴム素材のヨガマットは固く絞った布で水拭きをしましょう。
少しぐらいなら洗剤を混ぜても大丈夫ですが、アルコール除菌などは厳禁ですので、気を付けてください。